部屋をきれいにしよう

片づけられない人は物が多い?

よく言われるのは、片づけられない人は物持ちであるという事。
果たしてそうなのでしょうか。
確かに、その傾向はあると思いますし、捨てられないことと片づけられないことはかなり近しい関係かもしれません。
では、どうして捨てられないのでしょうか。
皆さんも経験があると思いますが、藻を捨てる時に本当に不要なのか、どんな思い入れがあるかを考えますよね。
大抵はそのどちらかが理由となって、捨てられなくなります。
持っているものが無条件に不要で、思い入れもないという事はほとんどないからです。
この先、持っていても使うかどうかについては、未来にしかわかりません。
先回りすることはできませんから、その時点で判断しなければいけません。
この作業が怖いから、捨てられないのです。

収納スペースの問題

捨てられなければ、保管しておくしかないわけですが、保管スペース以上に物があるとなると、当然収納先が見つからない為片づけることができず、部屋に出しっぱなしになってしまうことになります。
これが増えれば、結局片づけられない汚部屋になってしまいますね。
散らかった部屋の厄介なところは、少しぐらい物が増えても気にならなくなることです。
それが積もると、収拾がつかないところまでいってしまうのです。
きれいな部屋をキープすることは、出したらしまうことが鉄則。
そのしまい先がないのですから、散らかっていくことは容易に想像ができますよね。
収納スペースを増やすことができるのであればいいのですが、近年の住宅事情、特に都心でゆとりある部屋はなかなか難しいわけで、結局物を減らすしかないのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る